『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者ホームページはこちら〔外部リンク〕→著者HPトップ@FC2 | コラム『英夢見楽』 | 筆者営業ご案内 ☆彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた | 新宿ネコクラシー | 筆者広報室 | 家族葬ノート | 英語名言 ★彡
2008年08月07日 (木) | 編集 |
米国企業の文書を日本語に訳していると、 leadership team という言葉が出てきます。その前に executive とか strategic という英語がついていることもあります。広い意味では「経営陣」とか「首脳陣」と訳してもいいと思いますが、ひとつ注意しなければならないことがあります。

最近は日本でも米国に倣って「経営と執行の分離」を進める大企業が増えており、かつてのように会社の経営を担う取締役(director)が事業部門や間接部門の責任者を兼ねているとは限りません。最高経営責任者(CEO)や最高執行責任者(COO)を中心に執行役員 (officer)で構成するチームをわざわざ leadership team と呼んでいる理由も、もしかしたらそのあたりにあるのかもしれません。

したがって、Leadership Team が社内の組織名として使われている場合は、「リーダーシップチーム」とそのままカタカナ語に訳しておくほうが無難かもしれません(ちなみに「経営陣」は英語で top management または management team もしくは単に [the] management といいます)。
【リンク先変更のご案内】各記事中リンク先の拙ホームページ(HP)は2022年6月、当ブログに併設したFC2ホームページに移転しました。
恐れ入りますが下記URLリンクをクリックすると開く新アドレスにてご覧ください。
著者HPトップ(著書のご案内ほか) | コラム『英夢見楽』 | 筆者営業ご案内