『財界』誌連載コラム 『英語で夢を見る楽しみ』 寄稿者のブログです。往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』と『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書)はKindle (Amazon)などの電子書籍でお読みいただけますので引き続きご愛読のほどお願い申し上げます。2008年7月から10年余りにわたって実務翻訳で見つけた訳語を「なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から」と題してこのブログに載せてまいりましたが、思うところがあり2018年8月に改題しました。
ミ☆筆者のホームページはこちら〔外部リンク〕→翻訳小僧の営業案内コラム「英夢見楽」フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 ★彡
ミ★当ブログのお読みもの→ 英語屋さんの作りかた新宿ネコクラシー筆者広報室家族葬ノート【New!】楽しい広告もどうぞ↓☆彡
2020年10月09日 (金) | 編集 |
英語の subscribe [to] という動詞は、私が若かった頃は多くの文脈において新聞や雑誌を「[定期]購読する」 (定期購読を申し込む)という意味で使われていました。英文雑誌を定期購読している人の中には自分はサブスクライバー(subscriber)だと誇らしげに言う人もいましたが、私自身はそのままカタカナ語に訳した記憶はありません。

近頃では各種の定額制のサービス利用(申し込み)を「サブスクリプション」 (subscription)というカタカナ語で呼ぶ向きがあるようです。それを日本語では「定期購読」とは言わないので、カタカナ語を使うのは致し方無いかもしれません(下注)。このカタカナ語を「サブスクリプションする」(サブスクライブする)と動詞形で使うといささか違和感がありますので、そこは「定額制サービスを利用する」 (定額制サービスを申し込む)と訳したほうがいいと思います。メンバーシップ(会員資格)のようなものなら「[有料]会員になる」と訳してもいいでしょう。

(例) subscribe [to] a magazine(雑誌を定期購読する)
    subscribe [to] Amazon prime video (Amazonプライムビデオ会員になる)
    subscribe [to] an unlimited data plan
    (使い放題の定額制データ通信プランを申し込む)

【2020.10.17追記】
(注) インターネットで配信される動画や音楽などについては「サブスクリプション」 (subscription)を短くした「サブスク」というカタカナ語を近頃よく見かけます。漢語では「定額配信」と言う向きもあるようです。

(例) Amazon Music Unlimited subscription
   (定額音楽配信サービスAmazon Music Unlimited)
    free subscription of(~の無料配信)

(画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは関係ありません)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2020年09月04日 (金) | 編集 |
映像と音声による通信手段を使って離れた場所にいる相手と会議[を行うこと]は、インターネットが普及していなかったその昔は「テレビ会議」、さらにその前の音声のみによる会議は「電話会議」と呼ばれ、これらの総称として「テレコンファレンス」または「遠隔会議」(teleconference/teleconferencing)という用語が使われていました (→過去記事 teleconference 【電話会議、遠隔会議】 参照)

インターネットを通してこの種の遠隔会議が広く利用されるようになってからは「ビデオ会議」(video conference/video conferencing)と呼ばれることが多くなりました。ネットで検索すると、遠隔会議の中でも専用機器を用いたものを「ビデオ会議」または「テレビ会議」、パソコンやスマホ等で簡易に利用できるものを「Web会議」と呼ぶとの定義を見かけますが、一般にはそれほど厳密に使い分けられているわけでもないようです。

新型コロナウイルスへの感染を避けて多くの人々が自宅のパソコンや個人のスマホにzoomアプリを入れてこの種のミーティングに参加するようになると、テレビの報道番組などで「オンライン会議」(online conference/online conferencing)、「オンラインミーティング」(online meeting)、「リモート会議」(remote conference/remote conferencing)といった言葉を頻繁に耳にするようになりました。日本語では今後、これらの呼び方が主流になるかもしれません。

(画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは関係ありません)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2019年11月09日 (土) | 編集 |
live streaming (ライブストリーミング)は元来は配信される動画をパソコンにダウンロードしながら同時再生する技術の名称でしたが、今ではインターネットによる生中継という意味でも広く使われています。私も数年前までは「ストリーミング生中継」(当ブログ過去記事参照)などと訳していましたが、その意味なら今では「ネット生中継」とでも呼んだほうが分かりやすいと思います。

なお最近は「生中継」のほか「ライブ配信」「生配信」という言葉も広く使われていますが、これはインターネット時代になってから使われるようになった言葉で、私のようにテレビやラジオで育った古い世代にはいまひとつしっくりきません。テレビと同様に「生放送」と呼ぶ向きもありますが、厳密にはインターネットは(主に電波媒体を使った不特定多数向けの)放送(broadcasting)ではなく通信(communication)の一種に分類されてきたこともあって、語弊を避けるために私は使わないことにしています。

YouTubeなどで海外からネット中継されているニュース映像のようなコンテンツは、ほとんどが無料です。「ネットと放送の融合」を名目にテレビ番組をネットで同時配信してパソコンやケータイの所有者からの受信料徴収を狙う某有料公共放送の企てを阻むためにも、両者の区別はきちんとしておくべきでしょう。

(画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは関係ありません)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2018年09月04日 (火) | 編集 |
グーグルホーム(Google Home)やアマゾンエコー(Amazon Echo, 写真上)などのスマートスピーカー(AIスピーカー、既出記事参照)を起動するときに発する「オッケーグーグル(OK Google)」とか「アレクサ(Alexa)」という言葉を一般(普通)名詞でどう言うのか調べてみたところ、英語ではhotword, wake word, trigger word など、日本語では「ウェイクワード」「起動ワード」「呼び名」「呼びかけ」などとまちまちですが、現時点では日英いずれも「ウェイクワード」(wake word)が優勢です。

Amazon Echoのヘルプサイトを見たところ「ウェイクワード」と呼んでいました(Googleのヘルプサイトには「話しかける」としか書いていない)。日本語の「ホットワード」(HOTワード)はツイッターなどのSNSで最近よく検索される言葉という意味で使うことが多いからでしょうか、ウェイクワードの意味ではあまり使われていないようです。

前述のヘルプサイトを見ると、選択可能なウェイクワードのひとつに「コンピューター」(Computer)があります。私などは往年のSFテレビドラマ 『スタートレック』(放送当時の邦題 『宇宙大作戦』)を思い出します。スマートスピーカーどころかパソコンさえまだ姿形も無かった1960年代に、音声認識機能を搭載したコンピューターにこう呼びかけて起動する場面がありました。当時のSF物の先見性に改めて感嘆します。

最近はLEDディスプレイを搭載したスマートスピーカーも出ています(Echo Spot, 写真下)。昔ながらのパソコンしか持っていない私自身はまだ使っていませんが、使い道を想像するだけで胸躍ります。

(写真はいずれもAmazonのスマートスピーカー。リンク先はAmazon)
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |

2017年12月14日 (木) | 編集 |
先日ツイッターに追加された新機能「スレッド」(thread)について、最初見た報道では「内容が連続する複数のツイートを一度に投稿する」(Yahoo!ニュース)と説明されていましたが、実際に使ってみたところ、「リプライ」ボタンをクリックすると前に作ったスレッドに後から別のツイートを追加できると分かりました。なおツイッターのヘルプサイトには「Twitterのスレッド機能を使うと、複数のツイートをつなげて投稿することができます。複数のツイートをスレッドにまとめることで、文脈をはっきりさせたり、新しい情報を追加したり、話題を展開させたりできます」と説明されていました(スレッドの使い方については上記のヘルプサイトをクリックするとご覧になれます)。

「2ちゃんねる」のような形式の電子掲示板(BBS)ではスレッドの下に関連するコメントをつけていくようになっています。ツイッターでも前からリプライをつけることによってそのような使い方ができましたが、今回新たに「+」ボタンを追加して最初から複数のツイートを同時に投稿できるようにした上で、改めて「スレッド」という名称をつけたものと思われます。これによってスレッドという言葉がBBSユーザー以外にも広まっていくかもしれません。
[PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |